公益財団法人パル井上財団

  • 奨学生・タンポポ会

    奨学金制度説明会 & 2019年度第1回懇親会開催

    2019年6月26日(東京)、6月28日(大阪)で、新年度の奨学生の皆さんをお迎えし、奨学金制度の説明会と懇親会を開催いたしました。
    東京会場では、パルグループのプレスルームも見学し、服飾業界を目指す皆さんの刺激になったのではないかと思います。
    懇親会では、いずれの会場も今回が初めての顔合わせでしたが、打ち解けた雰囲気で学生同士や財団役員や選考委員との懇談を楽しんでいただき、今後1年間の交流を楽しみにしていただける催しになったと思います。

    井上財団 奨学金制度説明会 & 2019年度第1回懇親会開催
    井上財団 奨学金制度説明会 & 2019年度第1回懇親会開催
    井上財団 奨学金制度説明会 & 2019年度第1回懇親会開催
    井上財団 奨学金制度説明会 & 2019年度第1回懇親会開催
    井上財団 奨学金制度説明会 & 2019年度第1回懇親会開催

  • 奨学生・タンポポ会

    当財団奨学生2名がパターンメーキング技術検定1級試験に2年生で合格の快挙

    一般財団法人日本ファッション教育振興協会主催のパターンメーキング技術検定1級試験で、中部ファッション専門学校アパレルパターンコース2年の佐野未侑さん、同2年の山脇優花さんが合格しました。
    協会が発表する受験対象レベルは「パターンメーキング技術を専門教育機関で履修あるいはその他の方法で習得し、アパレル企業のパターンメーキング部門などで量産を前提としたパターンメーキング実務経験を5~6年積んだレベルを想定しています」と明記されています。
    つまりプロがチャレンジする技術検定です。
    10年ほど前から中部ファッション専門学校では3年生がチャレンジ。
    3年前からは2年生も受験するようにし、今回見事同級生7人とともに全国初の2年生での合格という快挙を達成しました。

    当財団奨学生2名がパターンメーキング技術検定1級試験に2年生で合格の快挙

  • 奨学生・タンポポ会

    当財団奨学生OB 本井傳祐太氏が「ナゴヤファッションコンテスト2018」においてグランプリを獲得

    新進デザイナーの登竜門で、今年で38回目を迎えた「ナゴヤファッションコンテスト2018」(主催:ナゴヤファッションプロモーション実行委員会)の最終審査が9月13日に行われ、当財団奨学生OBでタンポポ会会員の本井傳祐太氏(ディーズファッション専門学校卒、現在東京モード学園在籍)が、テーマ「人見知りからの解放。」で、海外からの応募274点を含む応募総数4,528点の中から見事グランプリを獲得されました。

    「ナゴヤファッションコンテスト2018」最終審査結果
    ※外部サイトに遷移します(ナゴヤファッション協会オフィシャルサイト)

    当財団奨学生OB 本井傳祐太氏が「ナゴヤファッションコンテスト2018」においてグランプリを獲得